塗料のパッチテスト

2回目以降の塗装には塗料選定の注意が必要です。

塗料には相性があり、相性が悪い同士の場合縮れや剥がれが出てしまいます。

パッチテストとは前回塗装時の資料に塗料名や詳細がなかった場合、何系の塗料が使用されたのを確認するための作業です。

高圧洗浄後に屋根や壁等を確認し塗装前にパッチテストによる最終的な塗料選定が行われます。

手間がかかる作業ですが仕上がりに大きくかかわてくるテストです。