屋根の診断にポールカメラ

ポールカメラとはなんでしょうか?

地上からカメラ付きのポールを屋根上まで伸ばし、地上にある検査機からリモートコントロールし

映像を見ながら検査を進めていけるとても便利で高機能な点検器具です。

そもそも何故ポールカメラが必要になってきたのか?

それまでは屋根へ梯子をかけて登り診断をしていました。

危険作業でもありオーナー様には見えない検査であったため不透明な部分がありました。

最近ではドローンカメラも導入していますが都心部では近隣への騒音もありあまり好まれません。

ポールカメラであれば静かに検査することが可能です。

地上よりオーナー様に直接映像を見ていただきその場で状況をご説明差し上げることができます。

これも林塗装店が目指す建物診断の見える化です。