林塗装店が積み重ねてきたこだわりの塗装技術をご紹介します。

屋根の高圧洗浄

経年によってついた汚れやカビ・コケを洗い落します。
雨樋の中も周囲の環境によっては詰まっているため同時に流し落とします。

業務用の高圧洗浄機を使用し隅々まで洗浄していきます

外壁の高圧洗浄

経年によってついた汚れやカビ・コケ等を洗い落とします。
また同時に雨漏れ検査も兼ねており、漏水箇所の洗い出しも同時に行います。

2階や3階の締め切り窓など、普段では手が行き届かない場所もしっかりと洗浄できます。

雨戸やシャッターがある場合、洗浄時に開閉していただければ窓と両方洗浄することができます

駐車場や土間の高圧洗浄

駐車場や土間にこびりついた汚れやカビ・コケを落とします。

屋根の棟板金・瓦の釘やビス

強風や揺れにより徐々に緩みや浮きが出てきます。
塗装前に釘の打ち込みや増し打ち、ビスの締め直しが重要です。

屋根板金部の錆止め塗装

屋根の板金部は紫外線による色褪せから錆の発生まで様々な痛みがあります。
まずは下塗りによる錆止めや素地調整が必須です。

屋根のコーキング

棟の板金や瓦の継ぎ目にはコーキングが打ってあります。
経年により痩せてきたり硬化や剥がれたコーキングを打ち換えます。

タスペーサーの設置

屋根の下塗り

屋根の上塗り

ひび割れや破損箇所の処理

外壁の下塗り

外壁の上塗り

各塗料の上塗り工程分の塗装

コーキングの撤去・養生

コーキングプライマーの塗布

コーキングの打ち込み

鉄部のケレン業

鉄部の下塗り

鉄部の上塗り

窓周りの養生

床の養生

足場の設置

外壁塗装をするにはきちんとした足場が必要不可欠です。
時々見かけるパイプだけで組上げた足場や、軟弱な足場では安心した塗装作業ができません
歩行の為の床や落下防止の手摺などしっかりした足場を組むことで安全で隅まで行き届いた塗装が可能になります。

メッシュシートの設置

防水工事・ウレタン防水

建物にバルコニーや屋上がある場合、仕様によっては漏水の原因の一つになります。

防水工事・FRP防水

防水工事・シート防水

防蟻(シロアリ)工事

床下からのシロアリの侵入を防ぎ、建物を守っていきます。

屋根材の補修。

 ひび割れや欠けを補修材で補修します。また大きな欠けや脱落は新し屋根材を差し込み補修していきます。

棟や谷部に板金が使用されている場合は錆止め塗装が必要になります。

 ↳こだわり!  林塗装店の錆止め塗料は塗ったことがわかりやすい赤色を使用しています。

スレート葺の屋根にはタスペーサーを挿入します。

 ↳Point! タスペーサーとは屋根材同士の重なり合う部分に隙間を作ってあげる部材です

     隙間を作らないと雨水の抜け道が無くなり雨漏れの原因となります。

下塗り作業。屋根材に上塗り塗料を密着させるための下塗り塗装です。

見えない作業ですが、塗装を長持ちさせるための重要な工程です。

上塗り作業。屋根材に色が付いた上塗り材を2回塗装していきます。

 Point! 上塗り材をしっかり2回塗ることで塗膜を長持ちさせます。

外壁塗装

外壁材の補修。

塗料だけでは埋まらないひび割れ(ヘアークラック)や旧塗膜の膨らみは塗装前に補修します。

サイディング壁の場合はコーキング処理を行います。

下塗り作業。外壁材に上塗り塗料を密着させるための塗装です。

ここを抜くと上塗りがしっかりと密着せず、はがれてきてしまいます。

上塗り作業。外壁材に上塗り塗料を2回(塗料の種類によっては2回以上)塗装していきます。

塗料メーカー既定の回数をしっかり塗ることで塗膜を長持ちさせます。

軒裏・破風・雨戸・水切り等の塗装

屋根と外壁以外にも塗装箇所は多数あります。

それぞれの建材に合った塗料を選択し、塗装していくことで建物全体を塗膜で覆い長持ちさせます。

塗料は安心の国内大手メーカーを使用

国内大手塗料メーカー
   メーカーロゴ 

関西ペイント 日本ペイント 大日本塗料 

上記以外も取り扱い可能です。お気軽にお問い合わせください。